*

吉永小百合さん120本目の映画『北の桜守』は過酷な撮影で、アスリートでなければ映画人としてやっていけない!?

公開日: : 芸能

吉永小百合さん120本目の映画『北の桜守』がいよいよ3月10日に公開されますね。

北の三部作と言われている『北の零年(’05)』『北のカナリアたち(’12)』に続く北の三部作最終章です。

それはそれはかなり過酷な撮影だったようで、吉永小百合さんはご自身のことをアスリートと言っていました。

アスリートでなければ映画人としてやっていけない。と・・・

吉永さんがそこまでかける『北の桜守』がどのような映画なのか。

またどんな撮影現場だったのかを観て行きたいと思います。

劇場で観る前に『桜守』とは何か?を知っているだけで観る視点が変わるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

北の桜守

 

出典:viagoogle imghp

冒頭にも記載したようにこちらの作品は、北の三部作と言われている『北の零年(’05)』『北のカナリアたち(’12)』に続く北の三部作最終章です。   

構想7年という長い年月の中、北海道横断ロケによって撮影された作品です。

自称『北海道おたく』と呼ぶほど北海道が大好きな吉永さん。

その大好きな北海道で映画を撮りたいよね。と話をしてから有言実行するなんて凄いことだ。

人間『やりたいこと』と『実際にできたこと』は必ずとして比例するものではないからだ。

それだけ吉永さんの北海道への想い、映画への想いが強いからかもしれないですね。

 

あらすじ

出典:viagoogle imghp

1945年5月、南樺太に住む江蓮(えづれ)家の庭に待望の桜が花開いた。夫と息子たちと暮らす江蓮てつが大切に育てたその花は、やがて家族の約束となる。

しかし8月、本土が終戦に向かう中、樺太にはソ連軍が迫っていた。樺太に残る夫との再会を約束し、てつは二人の息子を連れて網走へと逃げ延びる。

時は流れ1971年、次男の修二郎はアメリカに渡って成功し、米国企業の日本社長として帰国する。15年ぶりに網走へ母を訪ねると、そこには年老いたてつの姿があった。一人暮らしが心もとなく思えるその様子に、再び母と共に暮らす決意を固める修二郎。しかし想いあうがゆえに母子はすれ違いを重ね、立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと、てつは一人網走に戻ろうとする。

母に寄り添いたいと願う修二郎は、二人で北海道の各地を巡り、共に過ごした記憶を拾い集めるように旅を始める。再会を誓った家族への想い。寒さと貧しさに耐え、懸命に生き抜いた親子の記憶。戦後の苦難を共にした懐かしく温かい人々との再会。幸せとは、記憶とは、そして親子とは。

そして満開の桜の下で明かされる、衝撃の結末――

 

またキャスト人がかなり豪華

出典:viagoogle imghp

主演が吉永小百合さんってだけでも豪華なのに、吉永さんを支える周りのキャスト人もまたベテランで豪華です。

 

吉永さん演じるてつの次男(修二役)に堺雅人さん。

修二(堺雅人さん)の奥さん役に篠原涼子さん。

てつ(吉永小百合さん)の夫:江蓮えづれ徳次郎とくじろう役に阿部寛さん。

てつ達の面倒をみる菅原信治役を佐藤浩一さん。

他にも、笑福亭鶴瓶さん、高島礼子さん、岸部一徳さん、中村昌也さんなど多くの役者人が終結します。

1人1人がベテランな方々なのですが、吉永小百合さんを優しく支えるメンバーのようにも感じました。

今どの映画も若手が多く出ていますが、やはりたまにはベテランの方々が作る映画も見たいですね。

 

桜守はボランティア?

さて、吉永さんが演じるてつは『桜守』という役です。

桜守という言葉を知っていますでしょうか?

昔だけでなく現在も存在する『桜守』という仕事。

ただし、こちらはボランティアなんですね。

このボランティアでもある桜守に関して調べてみました。

 

桜守って何?

桜の木がいつまでも元気で花を咲かせるように健康状態を管理し育てる、保護育成を従事する人々を『桜守』といいます。

他の植物に比べて病気や害虫に弱いため、異変には迅速な対処が求められます。

そのため継続的に見守り、手をかけてあげる必要があります。

 

実は1年中動き回っているって本当?!

桜守が活動するときは春だけだと思っていませんか?

実は1年中ずっと動き回っているんです。

もうほとんどお仕事みたいですよね。

これをボランティアでできるなんて桜への愛情が素晴らしいですよね。

 

【夏】

5月・・・病害虫対策

5月~8月・・・施肥(育成を促す肥料を土壌に施す。)

【秋】

9月初旬・・・芽接ぎ(春先の接木に対して、秋は芽だけを接いで桜を増やします。増やしたい桜の芽を剥ぎ取り。台木(母体の木)に差し込みます)

【冬】

12月初旬・・・種まき(種子で桜を増やす方法)

【春】

2~3月・・・接ぎ木(優れた品種を形質の変化なく残すため、種子ではなく接ぎ木で樹木を増やす)

3月・・・剪定(樹の形を整える。病気を防ぐなどの目的から不要な枝を切っていく)

 

何かしら活動をしているので、軽い気持ちで桜守なんてできませんね。

本当に心から愛している場合でないと続けることも愛情をもって桜に寄り添うことも出来ない大変な仕事ですね。

見返りを求めてしまう人間にとっては、簡単にできることではありません・・・。

 

『北の桜守』の撮影現場は?

出典:viagoogle imghp

もちろん北海道です。吉永さん曰く、なにか北海道らしいシーンを入れたいと考え浮かんだのが『流氷』だったようです。

吉永さんが流氷に入るシーンがあるようなんですが・・・寒すぎる・・・。

それ以外のシーンでも吹雪の中そりを引くところがあるようなんですが、寒さと体力との闘いでかなり過酷だったようです。

 

撮影前に訪れたところで骨折していた?!

監督と吉永さんは撮影前に流氷に訪れたようなんです。

その時『滑りやすいので気を付けて下さい』と注意を受けていたにも関わらず、滑って転倒してしまったようなんです。

その時に手をつき骨折してしまったようなんです。

吉永さんはこの秘話を『スプーン曲げのように反対に曲がってしまって』と可笑しくお話されていましたが、撮影前となると笑い話にはならないですよね(;’∀’)

今となっては笑い話になりますが・・・(笑)

撮影のこともあったので、二日後に手術を決意されリハビリに励み無事撮影をスタートすることができたようです。

 

映画の世界で活躍していく理由は?

70歳を過ぎた吉永さんにとって120本目の映画になります。

この映画の世界で活躍し続けられる理由とはなんなんでしょうか?

吉永さん曰く、映画人はアスリートでなければならないと仰っています。

 

今までは1に体力2に体力、3,4がなくて、5がちょっとした理解力。

 

だったようなんですが、今回の骨折のことで、映画人として続けていくのであれば本当に『体力』というのは大きなテーマだとのこと。

毎日が体を鍛えながら模索していく日々だそうです。

今回の吉永さんのように極寒の撮影もあります。

逆に真夏で倒れるような撮影現場もあるでしょう。

また撮影日程が続き睡眠もままならないということもあるでしょう。

それを考えるとどんな状況でも一番良いパフォーマンスをするのが役者の務めということなんでしょうか。

となるとアスリートと似ているようにも感じます。

やっていることは違くてもアスリートと役者は似ているのかもしれません。

 

 

ネットの声

まとめ

いかがでしたでしょうか?

北の桜守がどのように思いで吉永さんが挑まれたのか。

そして桜守というのはどんな人なのか理解したうえで映画を観るとまた違った角度で楽しめるのではないでしょうか?

吉永さんが役者という仕事に本気で向き合っているからこそ、120本もの作品を生み続けているのかもしれませんね。

筆者も前売り券を買って観るスタンバイしております(笑)

楽しみですね。

 

今回も読んで下さり本当にありがとうございました。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

Sponsored Link




関連記事

『あなたの番です』の企画者がまさかのあの人!!

こんにちは。 皆さんはドラマを観ていますか? 好きなドラマを数本だけ観ている人もいれば、ほと

記事を読む

松岡さんの丸刈りは会見の為?!TOKIO全員の山口さんに対しての想いが辛すぎる。

2018年5月2日にTOKIO山口さんの事件のことで残りのメンバーが会見を開きました。 1人1

記事を読む

広瀬すずさんとの共演が話題!ルフィが朝ドラに出演!?

  2019年8月21日の朝の小説ドラマ 『なつぞら』になんと、なんと・・・

記事を読む

ペコが第一子を出産!子供の名前は?その名前に込めた思いが素敵だった

モデルでタレントのぺこさんが2018年7月11日11時12分に待望の第一子を出産したことがわかりまし

記事を読む

和田正人さんと吉木りささんが結婚?!既に同居しているだとか?!

俳優の和田正人さん(38)と女優の吉木りささん(30)が、“いい夫婦の日”のきょう11月22日に結婚

記事を読む

欅坂46『ガラスを割れ』のMVがカッコよすぎる。欅坂は何者?!世界観が素敵。

欅坂46『ガラスを割れ』のMVが公開されましたね。 ダンスや雰囲気がめちゃめちゃかっこいいんで

記事を読む

秀樹さんは、ちびまる子ちゃんの中で生き続ける。その理由は?

2018年5月27日のちびまる子ちゃんで、5月16日に急性心不全で亡くなられた歌手の西城秀樹さんを追

記事を読む

映画カメラを止めるな!なぜこんなにも人気なのか?今後の日程もご紹介!

上田慎一郎監督の『カメラを止めるな』をご存知でしょうか? 6月23日から都内2か所で上映を始め

記事を読む

星野源さんと吉岡里帆さんが急接近・・?!

アーティストや俳優としても実力のある星野源さんと、ドラマやCMでも引っ張りだこで女優の吉岡里

記事を読む

2017年流行語大賞はよく聞く『あれ』に決定!?

ついに12月に入りましたね。 そしてこの時期は毎年恒例『ユーキャン新語・流行語大賞』が気になり

記事を読む

Sponsored Link




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link




Wikipediaならぬエケペディアって何!?

こんにちは。 皆さんWikipedia(ウィキペディア)をご存知

『あなたの番です』の企画者がまさかのあの人!!

こんにちは。 皆さんはドラマを観ていますか? 好きなドラマを数

広瀬すずさんとの共演が話題!ルフィが朝ドラに出演!?

  2019年8月21日の朝の小説ドラマ 『な

【ノンストップ】食感楽しい枝豆おしゃレシピ

2019年8月21日ノンストップ今日のおしゃレシピで紹介された

山陽新幹線明日終日運休!払い戻し手数料はどうなる?

折角のお盆休みが台風10号のお陰でスケジュールを変更せざるを得ない方が

→もっと見る

PAGE TOP ↑